日本共産党広島県委員会
お知らせ       一覧   戻る   
10日夕方宣伝する中石市議候補
 9日告示された広島市議安芸区補選(定数1、18日投票)は、日本共産党の中石ひとし候補と辞職した議員の妻・熊本純子候補(無所属)の2人の対決となっています。中石候補は、連日朝から夜まで毎日約30回の街頭宣伝で、「今度は清潔な議員を選ぶ選挙です」とよびかけ、3つの公約を訴えています。第一に、議会の税金のムダづかいをストップさせるということで税金の二重取りである費用弁償を廃止する、ムダな海外視察を中止する、第二に安芸区民の願いを市政に届けるということで、子ども医療費助成を中学校卒業までにすること、国保料を引き下げること、住民合意によるJR高架化と安芸バイパスの早期実現など、第三に、議会報告をすることを具体的に訴えています。日本共産党は、中石候補の公約を載せた法定1号ビラを全戸に一斉に配布しました。
 熊本候補は、夫の辞職のことは触れずに「安芸区初の女性市議」といっていることに、区民から「女性4人にウソの領収書をかかせたことが問題になっているのに何を考えているのか」と怒りの声があがっています。テレビで一斉に「(熊本候補は)辞職した熊本市議の妻」などと報道されたことで「テレビで初めて知り驚いた。恥さらしだ。出馬すべきでない」などの声が方々で聞かれ、「こんどだけは清潔な人を選ぶ」「負けるな」などの反応や期待の声が寄せられました。

中石ひとし市議候補の朝宣伝の日程
12日(月)午前7時20分〜8時10分 安芸区役所前
13日(火)午前7時20分〜8時10分 JR矢野駅前
14日(水)午前7時20分〜8時10分 JR安芸中野駅前
15日(木)午前7時10分〜8時10分 JR瀬野駅前
16日(金)午前7時20分〜8時10分 JR中野東駅

  • 参加を呼び掛けています。都合により変更する場合があります。



第一声をあげる中石候補と大平前議員
 政務活動費をだまし取った疑いで在宅起訴された自民党市議の辞職に伴う広島市議安芸区補選(定数1)が9日告示(18投票)され、日本共産党の中石ひとし候補(55)=新=が党市議団6議席目をめざし、第一声をあげました。辞職した市議の妻との一騎打ちです。
 党市議団は政務活動費について先駆的に公開に取り組み、2014年度からは領収書も公開し、全会派に求めた結果、昨年6月から市議会ホームページで会派ごとの領収書が公開されるようになりました。
 中石候補は「二度と今回のような不正事件が起こらないためにも、清潔な代表を選ぶ選挙です」と強調。議会出席ごとに交通費として支払われ、一日8000円と20政令市の中で最も高い費用弁償の廃止や、海外視察を中止する公約を示し、「清潔な議会を願う市民のみなさんと一緒に全力で頑張ります」と訴えました。
 日本共産党の大平喜信前衆院議員は中石候補の第一声に駆けつけ、必勝を訴えました。大平氏は、森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん疑惑にふれ、国会と国民を愚弄(ぐろう)する安倍政権に政権を担う資格はない」と安倍政権を厳しく批判。「国民、市民の手に政治を取り戻し、国会、市議会をまともな政治に改めさせるためにも、中石ひとしさんを押し上げてほしい」と訴えました。支援に駆け付けた人々は「清潔」と書いたプラカードを掲げ、車や通行人から「がんばって」声援がかかりました

法定ビラ表
法定ビラ裏

中石ひとし市議候補
 安芸区市議補選がいよいよ、明日(9日)告示されます。日本共産党の中石ひとし候補は午前9時から安芸区民文化センター東側付近で「出発式」を行って、選挙戦をスタートします。大平喜信前衆院議員が駆けつけます。  
広島民報号外
清潔プラカード

訴える中石氏(マイクをもつ)
 広島市市議補選(安芸区・定数1)の告示日(3月9日)が迫ってきました。この選挙は、自民党の熊本憲三氏が、政務活動費371万円をだまし取った疑いで在宅起訴され、議員を辞職したために行われます。選挙本番に向けて日本共産党の中石ひとし候補と辞職した熊本氏の妻・純子氏の2人が争っています。
 今回の選挙の特徴は、市議会議員が市民の税金をだまし取ったことへの怒りが大きいということです。そして、辞職した議員の妻が立候補することへの批判も強く出されています。
 そのような中、活動の先頭に立つ中石候補は、連日駅頭での朝宣伝や路地裏宣伝や支持者訪問などで元気にがんばっており、日々共感と支持を広げています。党員・後援会員・支援者によるビラ配布や街頭宣伝、そしてテレデータや訪問などの対話で、「いままで一番いい反応、半分ぐらい支持してくれた」「対話しやすい、以前不支持だった人が支持してくれる」など、共感と支持がひろがっています。 
 しかし、選挙があることやなぜ選挙があるのか、また辞職した市議の妻が立候補することを知らない人も多数います。
 「党派をこえて安芸区民の良識を示そう」「清潔な議員でこそ『住民の利益第一』を貫けます」の声を有権者に届けきれば、勝利できる条件が生れていると日本共産党広島市東地区委員会は、宣伝や対話活動への支援を訴えています。
 
事務所びらきなどを案内するニュース
安芸区市議補選の政策ビラ

安芸区補選必勝決起集会(2月17日)
2月20日、広島市議補選(安芸区、定数1)の立候補予定者説明会が行われ、日本共産党の中石ひとし氏(55)と辞職した熊本憲三氏の妻、熊本純子氏(49)が出席しました。市議補選は、3月9日告示、18日投開票で行われます。
 今度の選挙の最大の争点は、税金の使い方の不正を許さない清潔な市政をつくかどうかです。日本共産党の中石ひとし候補は、税金をだまし取った前議員の行為を厳しく批判するとともに、「日本共産党の議員でこそ清潔な市政、住民の利益第一の市政がつくれます」と連日訴え、共感と支持を広げています。
 日本共産党広島市東地区委員会と安芸区委員会は2月17日、「安芸区補選必勝決起集会」を開催、66人が参加して必勝を誓い合いました。中石候補は、「従来にない期待を受けています。力の限りがんばります」と決意表明しました。最後に団結頑張ろうの音頭をとった山根智元広島市議は「この選挙で必ず中石さんと市議会におくってほしい」と訴えました。

中石ひとしリーフ(表)
中石ひとしリーフ(裏)

川口広島労働局長(左)に申し入れ書渡す(右手前 2人目から)仁比、大平の両氏ら
 日本共産党の仁比そうへい参議院議員と広島県委員会は15日、広島労働局を訪れ、4月に始まる改正労働契約法の無期限雇用転換ルールの周知徹底などを申し入れました。大平喜信前衆院議員と広島市議団らが参加しました。
 ▽労働者への無期転換権の周知徹底▽事業主に対する同法の趣旨徹底▽主要産業への実態調査の緊急実施▽専門相談所窓口を県労働局や労働基準監督署、ハローワークに設けるーを求めました。
 仁比議員は「4月以降、深刻な権利侵害が起こりうるのではないかと危機感を持っている」と指摘。「働き続けたい人は無期雇用になれるという権利が大事です。雇止めがあってはならず、労働者が申請できるよう周知を図ってほしい」と強調しました。
 大平氏は、5年以上働き無期転換になる前に雇い止めにするなどの脱法行為の恐れを指摘しました。
 川口達三局長は「ルールの周知は大変重要です。いろんな団体にあらゆる手段で周知しているが、1回やって終わりではありません。継続して周知したい」と述べました。
 担当者は労働局のホームページや電車の広告など周知していることを紹介しました。
 (「しんぶん赤旗」2月16日付けより)


訴える大平前衆院議員
 広島市中区の金座街入口で毎月、原爆が広島に投下された「6日」に実施している原水爆禁止広島県協議会の「6・9行動」が、6日(土)正午過ぎより行われました。参加した人は、ビラを配りながらヒバクシャ国際署名への協力を呼びかけました。古田文和県原水協事務局長の司会で各団体から訴えがあり、大平前衆院議員も紹介され、今年核兵器禁止条約の発効にむけて、被爆地ヒロシマから声をあげようと訴えました。寒い中でしたが立ち止まって署名をする人が次々とあり、112筆の署名が寄せられました。
大平衆院議員

大平前衆院議員(横断幕の右端)
 1月5日(金)脱原発金曜行動として行われている「ヒロシマ・アピールウォーク」、今年最初で今回で115回目となる行動が行われました。午後6時、広島市中区の国泰寺公園で主催の「さよなら原発ヒロシマの会」の利元克己事務局次長が原発をめぐる情勢報告を行い、大平前議員、アーサー・ビナードさん、木原省治さんがあいさつをしたのち出発しました。大平前議員は、先頭で横断幕をもち、参加者といっしょに「コール」や「シュプレヒコール」を唱和しました。  
「さよなら原発ヒロシマの会」総会案内ビラ

党広島市議団(右から近松里子、藤井敏子、村上厚子、中森辰一)と訴える大平前衆院議員(左から2人目)
 大平喜信前衆院議員は、3日(水)午前、広島市中区本通電停前で新年最初の街頭宣伝を行いました。広島市議会議員がそれぞれ今年の抱負・決意をのべ、最後に大平前議員が平和とくらしを守るためにたたかう決意を表明しました。
 通行する人々から、手をふったりするなどの声援や共感が多くよせられました。大平前議員にとって、先月党に加わったばかりの南区の方や、東区の20歳の青年がさっそく顔をみせてくれるという大変うれしい出来事がありました。
 また、通りかかりの19歳の男子学生3人組が「(先の総選挙で)共産党、入れました。戦争も核兵器もダメ。応援してます」と声をかけてくれ、「日本共産党」ののぼりまで持って大平前議員と記念写真を撮るということもありました。
 

参考人として報告する大平喜信前衆院議員=11月30日、衆院憲法審査会
11月30日の衆院憲法審査会で参考人として意見陳述した日本共産党の大平喜信前衆院議員。7月に実施された欧州の憲法と国民投票制度の議員調査団の一員として、英国やイタリアなどでの議員や識者らの発言を紹介し、安倍政権による改憲策動を批判しました。調査での印象深い経験について大平氏に聞きました。(聞き手・日隈広志)
 日本共産党は改憲原案審査などを任務とする憲法審査会を動かすことに反対ですが、欧州調査へは改憲を望まない世論を代表するという立場でのぞみました。

慌てた中谷氏

 最初の訪問国・英国では安倍改憲の欺瞞(ぎまん)性が浮き彫りになりました。聞き取りした一人、ヒラリー・ベン下院欧州連合(EU)離脱委員会委員長は冒頭、「私からあなた方に聞きたい。憲法の何を変えたいのか」と質問。自民党の中谷元衆院議員が「9条の改正、自衛隊の明記だ」と応じると、ベン氏は「それは自衛隊が防衛だけでなく、攻撃もできるようになるということか」と疑問を呈しました。
 中谷氏は慌てた様子で「違う。従来の政府の解釈は変わらない」と回答しましたが、ベン氏は「私には理解できない。長年、現行の憲法解釈でやってきたのだから、そのままを認めるのなら、わざわざ(自衛隊の明記を)行う必要はない」と批判しました。
 ベン氏の疑問と批判は、安倍首相が狙う9条への自衛隊明記が「戦争する国」づくりにあるというその本質を正面から突いたのです。

伊識者も強調

 イタリアでは、国民不在の安倍改憲のあり方が厳しく問われました。
 同国は昨年12月、時のレンツィ政権が上院(日本の参院に相当)改革としてその権限縮小を行うための憲法改定の国民投票を実施しましたが、政権の独裁につながるとの批判が高まり、改憲案は否決され、レンツィ政権は退陣に追い込まれました。
 イタリアで聞き取りをした多くの識者は「憲法改正のためには国民の幅広い合意が必要だ」と強調しました。ダニーロ・トニネッリ下院憲法問題委員会副委員長は「憲法は国民すべての財産であり、憲法改正は『誰かの改正』であってはいけない。国会の勢力も含めて、国民すべてが共有する改革でなくてはいけない」と述べました。
 日本では9条改憲に「反対」が世論の多数を占め、そもそも国民から改憲を求める声はありません。総選挙でもまともに改憲について訴えもせず、小選挙区制度による民意をゆがめた「虚構の多数」のもとで、国民が求めていない改憲の発議を行うことは何重にも許されません。
 今変えるべきは憲法ではなくて、憲法を踏みにじる政治の方であることを改めて確信しています。(「しんぶん赤旗」12月19日付け)


前ページ 次ページ