日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
日本共産党の大平喜信衆院議員は臨時国会の会期末を控えた10,11の両日、中国5県を駆け、国会報告をしました。街頭などで衆院の小選挙区候補らとともに演説し、「総選挙で安倍政権を退陣に追い込み、国民の手に政治を取り戻そう」と呼びかけました。
大平氏は「民意無視の強行採決を繰り返す安倍政権に国民の未来を託すわけにはいかない」と強調。航空自衛隊美保基地への新型空中給油機(1機320億円)3機配備の計画や在日米軍への思いやり予算(年間1900億円)など軍事費は増やす一方、社会保障費を削減する政治を厳しく批判し、「市民と野党の共同で命と暮らしを壊す安倍政権を終わらせ、国民の願いが届く政治に変えていこう」と力を込めました。
何度も拍手が送られ、松江市では高校生から「そうだ」の声援。
広島市で男子高校生は「学費、奨学金の問題は切実。お金の心配なく学べるようにしてほしい」と話しました。
岡山駅前では「カジノが合法化されれば治安が悪くなるし、依存症が心配」と女性(29)。鳥取県米子市で男性(27)は「安倍政権の暴走ぶりがよくわかりました。暴走ストップのために大平さんには頑張ってほしい」と語りました。


4日、大平喜信衆院議員は、新日本婦人の会広島県本部が半世紀にわたって発行し続けてきた、被爆体験集「木の葉のように焼かれて」の50集記念のつどいに参加。

「核兵器国と非核兵器国との橋渡しをする」といいながら、「核兵器の非人道性」すらうったえなくなった日本政府に、なんとしてもこの声をつきつけなければならない。...
あらためて決意し会場をあとにしました。


大平喜信衆院議員が街頭演説を行います。
たくさんの方のご参加お待ちしております。

広島県安芸高田市の日本共産党市委員会は4日、市内で「大平喜信衆院議員と語り合う集い」を開きました。
米軍機の低空飛行訓練空域「ブラウンルート」に近く、戦闘機の爆音下にある住民も参加。大平氏は、すさまじい爆音で健康被害を訴える住民がいても米側に抗議もしない日本政府の態度を指摘し、「異常な対米従属の政治を一日も早く変えていこう」と訴えました。
また、党の躍進で国会質問の回数と時間が増え、自身も約40回の質問で中国地方が抱える問題を取り上げてきたとして「この力を衆院選でもっと大きく」と呼びかけました。
質疑応答では、参加者が「政府は将来、どれだけ年金を減らそうとしているのか」と質問。大平氏は,「党の国会論戦で、政府は年金カットの事実を否定できなかった。将来世代の年金も引き下げられる」と批判しました。
初めて参加した大田昭彦さん(62)は「悪政が目に余る安倍政権に対し、共産党は正しい道を示している」と期待を寄せました。

28日早朝、大平喜信衆院議員は、多くの通勤者や学生が行き交う広島駅前大橋で県労働者後援会とともに街頭宣伝をおこないました。安倍内閣が強引にすすめる年金カット法案やTPP承認案を厳しく批判し、学生には日本共産党が提案する奨学金制度について、その実現を訴えました。
通りかかった男性はビラを受け取り、「年金が下げられ、安倍内閣はデタラメだ。頑張ってほしい」と大平議員とがっちり握手。「赤旗」購読の訴えに快諾されました。
大平議員は月曜日の早朝、地区委員会や労働者後援会と宣伝を行ったあと新幹線に飛び乗り国会へ向かっています。

11月28日(月)7時45分より、大平喜信衆議院議員を迎えて、広島駅前大橋で朝宣伝を行います。皆さんに拡散頂き、多数ご参加下さい。
 

大平喜信衆院議員が安芸高田市民文化センターで集いを開きます。
たくさんの方のご参加お待ちしております。

 日本共産党の大平喜信衆院議員は20日、広島県廿日市市大野で開かれた党西部地区委員会主催のつどいで講演しました。つどい後、60歳男性一人が入党を決意しました。
 大平氏は党綱領に触れながら、米国従属、大企業・財界の横暴な支配という日本社会の二つの異常について、自身の国会論戦も交えて詳しく解説。参加者からは自衛隊に対する党の立場や米海兵隊岩国基地の問題など多くの質問が出され、丁寧に答えました。

今週の日曜日、11月20日(日)、廿日市の大野図書館にて、大平喜信衆院議員が集いをおこないます。
お誘いあわせの上、たくさんの方のご参加お待ちしております。

日本共産党の吉良よし子参院議員は13日、広島市中区で開かれた「学費•奨学金、若者の働き方を考えるシンポジウム」で「ブラック企業の撲滅へ声をあげよう」と呼びかけました。
 シンポは、学費ZEROプロジェクト、GJネットひろしま、日本共産党広島県委員会が主催したもので、約80人が参加。民主青年同盟県委員会の弘中孝江委員長と党広島市議団の吉瀬康平事務局員が司会を務め、現役の高校生、大学生や青年労働者が報告しました。
 吉良氏は「学びたい人が学費を払うのは当然だという議論があるが、教育は、そもそも誰のためにあるのか。学んで活躍することは、日本の将来の社会のためであり、そこに投資するのは政治の責任だ」と訴えました。
 党県委員会の村上昭二委員長は開会あいさつで、入党や民青同盟への加盟を呼びかけました。この取り組みを通して、男子学生が民青同盟へ加盟しました。...

〔写真〕シンポジウムで訴える吉良参院議員(壇上右)と司会を務める(同左から)弘中委員長、吉瀬事務局員=13日、広島市中区



前ページ 次ページ