日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
日本共産党広島県青年・学生部と広島市東地区委員会は9日、広島市の街頭で、吉良よし子参院議員を迎えて13日に広島市内で開く「学費・奨学金、若者の働き方シンポジウム」の参加を呼びかけました。
6人が参加して「学費は値下げを」「ブラック企業なくす」のプラスターなどを掲げ、シンポジウムの案内ビラを配布。青年・学生部の田中奏副部長らがハンドマイクで「学生がお金の心配なく学べ、安心して働ける社会をつくることは政治の責任です」と訴えました。
青年・学生部がこの間、国会要請のために取り組んでいるアンケートには、「居酒屋でバイトをしているが、遅いときは朝4時まで働かされる」(19歳の男子学生)、「奨学金を月8万円借りているが、奨学金ではなく借金と呼ぶべきだ」(私立大学3年の女性)、「給料が低いのに、毎月2万5千円の奨学金を40歳になるまで返済しないといけないのがしんどい」(24歳の男性会社員)などの声が寄せられています。