日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
日本共産党の吉良よし子参院議員は13日、広島市中区で開かれた「学費•奨学金、若者の働き方を考えるシンポジウム」で「ブラック企業の撲滅へ声をあげよう」と呼びかけました。
 シンポは、学費ZEROプロジェクト、GJネットひろしま、日本共産党広島県委員会が主催したもので、約80人が参加。民主青年同盟県委員会の弘中孝江委員長と党広島市議団の吉瀬康平事務局員が司会を務め、現役の高校生、大学生や青年労働者が報告しました。
 吉良氏は「学びたい人が学費を払うのは当然だという議論があるが、教育は、そもそも誰のためにあるのか。学んで活躍することは、日本の将来の社会のためであり、そこに投資するのは政治の責任だ」と訴えました。
 党県委員会の村上昭二委員長は開会あいさつで、入党や民青同盟への加盟を呼びかけました。この取り組みを通して、男子学生が民青同盟へ加盟しました。...

〔写真〕シンポジウムで訴える吉良参院議員(壇上右)と司会を務める(同左から)弘中委員長、吉瀬事務局員=13日、広島市中区