日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
広島県安芸高田市の日本共産党市委員会は4日、市内で「大平喜信衆院議員と語り合う集い」を開きました。
米軍機の低空飛行訓練空域「ブラウンルート」に近く、戦闘機の爆音下にある住民も参加。大平氏は、すさまじい爆音で健康被害を訴える住民がいても米側に抗議もしない日本政府の態度を指摘し、「異常な対米従属の政治を一日も早く変えていこう」と訴えました。
また、党の躍進で国会質問の回数と時間が増え、自身も約40回の質問で中国地方が抱える問題を取り上げてきたとして「この力を衆院選でもっと大きく」と呼びかけました。
質疑応答では、参加者が「政府は将来、どれだけ年金を減らそうとしているのか」と質問。大平氏は,「党の国会論戦で、政府は年金カットの事実を否定できなかった。将来世代の年金も引き下げられる」と批判しました。
初めて参加した大田昭彦さん(62)は「悪政が目に余る安倍政権に対し、共産党は正しい道を示している」と期待を寄せました。