日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
安倍政権が強行しようとしている集団的自衛権行使を可能にするための閣議決定を何としても止めようと、日本共産党が広島・呉市など各地で宣伝を強化。「憲法破壊のクーデターを許すな」の訴えに、「二人の子どもが戦場に送られるようになるのではと心配。きっぱり反対している共産党にもっと頑張ってほしい」など、期待の声が寄せられています。
県委員会(村上昭二委員長)が広島市中区で13日昼、7人で実施した宣伝では、通りかかった33人がこの問題でのシール投票に応じ、「反対」21人、「賛成」ゼロでした。「自分も何かしたい」と、すすんで行使容認反対署名をする女性の姿も見られました。
広島市東地区委員会は15日、中・東・南・安芸区の4行政区ごとに集中宣伝し、「暴走阻止へ力を合わせましょう」と訴えました。