日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
21日、市田忠義党副委員長を弁士におこなわれた広島市での日本共産党演説会には、近年にない規模の1400人の方が参加し、大きく成功しました。
演説会は、新しく党広島県後援会長となった尾野進さんのあいさつから始まり、秋葉忠利元広島市長からのメッセージ紹介ののち、来年のいっせい地方選挙に立候補する予定候補者がそろって登壇。県議会2人、広島市議会8人全員の当選めざして、候補者全員が決意表明をしました。

大きな拍手のなか紹介された市田副委員長は、「安倍政権は『亡国の政治』そのもの。一日続けば、その分だけ、日本と国民に災いをもたらすことは明らかです。安倍政権打倒の国民的大運動を起こそうではありませんか」と呼びかけました。参加者は「そうだ!」「よーし」と、市田氏のうったえに拍手と声援でこたえました。
参加者からは「元気がでる演説会でした」「一人でも多くの人にこのことを伝えたいと感動した」など、たくさんの感想が寄せられ、「しんぶん赤旗を購読してもよい」「入党について考えてみる、入党してもよい」に丸をされている方もたくさんおられました。