日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
河辺たかふみ広島市長候補
 広島市長選挙は29日告示(4月12日投開票)されます。「市民のための市政をつくる会」の河辺たかふみ候補(60)=無所属新、日本共産党推薦=ら6候補の争いです。
 河辺氏は、広島民主商工会の事務局長として、市民・業者とともに38年間、暮らしと営業を守る先頭に立ってきました。「安倍政権の暴走政治のもとで、中小業者は軒並み赤字、廃業や倒産が増え、相談は深刻になるばかり。市政が暴走政治の防波堤になるべきだ」と語ります。
 松井一実市長は、財政が厳しいと「事務・事業の見直し」で障がい児の給食費、市営住宅エレベータ設置などを廃止・縮小し、さらに留守家庭子ども会の無料制度や高齢者交通費助成の廃止など、くらし・福祉・教育など4000事業の改悪・縮小を狙っています。
 一方で、凍結されていた大型事業を次々と復活。大企業へは大盤振る舞いで、広島空港まで4分縮小するために高速5号線・二葉山トンネルに1044億円、広島駅周辺開発など不要不急の8つの事業に1109億円をつぎこみますが、防災や環境事業など身近な公共事業は減らす一方です。
 安倍政権の「戦争する国づくり」に反対もせず、被爆者や市民の声を届けようとしていません。