日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
大平衆院議員
 憲法を変えるためにつくられた「憲法審査会」がいま、政府が強行しようとする戦争法案の一番の障壁になっています。
6月4日、同会の参考人質疑で、憲法学者3人全員が私と民主党委員の質問に、口をそろえて「安保法制は違憲」とはっきり述べられ、国会内外で潮目のかわりはじめる大きな節目となりました。
 15日には、同会の地方公聴会が高知県で行われました。主婦や自営業者、翻訳家など6人の意見陳述人の方からの意見は安保法制に集中し、5人が「違憲」「反対」を表明されました。市民のみなさんも、圧倒的多数が「安保法制反対」であることが改めて浮き彫りになりました。
 終了後の記者会見で与党議員は、繰り返し「審査会は本来、政局の対立や個別政策から距離を置いて憲法の本質を議論する場」と議論を避けようとしましたが、意見陳述もマスコミの方の質問も安保法制に集中し、苦しまぎれの回答に追い込まれていました。
 ある記者の方が、参加した委員全員に質疑の感想を聞いたので、私は「国民のみなさんの率直な思いが改めて浮き彫りなった。こうした声にこたえて、違憲立法の『戦争法案』は廃案にすべきだ」と述べました。
 日に日に反対の声は広がり、政府・与党は追い込まれています。必ず廃案にするため、最後の最後まで全力でがんばります。