日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
日本共産党の大平喜信衆院議員は臨時国会の会期末を控えた10,11の両日、中国5県を駆け、国会報告をしました。街頭などで衆院の小選挙区候補らとともに演説し、「総選挙で安倍政権を退陣に追い込み、国民の手に政治を取り戻そう」と呼びかけました。
大平氏は「民意無視の強行採決を繰り返す安倍政権に国民の未来を託すわけにはいかない」と強調。航空自衛隊美保基地への新型空中給油機(1機320億円)3機配備の計画や在日米軍への思いやり予算(年間1900億円)など軍事費は増やす一方、社会保障費を削減する政治を厳しく批判し、「市民と野党の共同で命と暮らしを壊す安倍政権を終わらせ、国民の願いが届く政治に変えていこう」と力を込めました。
何度も拍手が送られ、松江市では高校生から「そうだ」の声援。
広島市で男子高校生は「学費、奨学金の問題は切実。お金の心配なく学べるようにしてほしい」と話しました。
岡山駅前では「カジノが合法化されれば治安が悪くなるし、依存症が心配」と女性(29)。鳥取県米子市で男性(27)は「安倍政権の暴走ぶりがよくわかりました。暴走ストップのために大平さんには頑張ってほしい」と語りました。