日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
日本共産党の大平よしのぶ衆院議員は25日、広島県府中町と府中市でそれぞれ開かれたつどいで党の政策と改革の展望を語りました。
府中町で大平氏は、核兵器禁止条約について交渉する会議を来年3月に始めるとの国連総会決議が圧倒的多数の賛成で可決されたことを歓迎し、「被爆地と被爆者のたたかいが実を結び、核兵器のない世界への画期的な一歩を踏み出した」と強調。一方、決議に反対した日本政府の態度を「まるで核兵器保有国の追随者だ」と批判しました。
また、臨時国会の憲法審査会で「安倍政権のもとでの改憲を許さない」と4野党が一致して論陣を張ったことを報告し、「共産党の躍進と野党共闘の前進の成果だ」と語りました。
府中市では、市が安倍政権の教育改革を先取りして小中一貫の義務教育学校を開校させる問題について大平氏に質問が相次ぎました。
府中町の女性(57)が「暴走政治にブレーキをかけたい」と入党を決意し、府中市でも60代の男性が入党を決意しました。