日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
デモ行進する参加者、大平衆院議員(前列右端)
 広島県中央メーデー集会は広島市で開かれ、約1000人が参加しました。
  実行委員会代表委員の八幡直美県労連議長はあいさつで、「安倍政権の働き方改革は過労死ラインまでの時間外労働を容認するものだ」と批判。「国際基準を踏まえた長時間労働の規制や最低賃金時給1000円にして、誰でも人間らしく暮らせる改革が必要です」と訴えました。
 日本共産党の大平よしのぶ衆院議員は、連帯あいさつし、核兵器禁止の世界の動きに反対する安倍政権の対応を厳しく批判。「働く者の命とくらしを守るため全力で頑張る」と訴えました。デモ行進の先頭を歩き、「戦争する国づくり反対」などと唱和しました。