日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
村上県委員長
 新年、おめでとうございます。
 昨年は、8月20日未明に発生した土砂災害に被災者救援、生活再建に全力をあげ、総選挙での「画期的な躍進」に喜びを爆発させた年になりました。
 「広島生まれの広島育ち、36歳」の大平喜信新議員の誕生を、みんなが喜びました。広島で初めての衆議院議員、中国ブロックで11年ぶりの議席を中国5県の力で勝ち取りました。
 とりわけ広島は、1996年に比例代表選挙導入以来、最高の得票率を獲得して議席奪還に大きく貢献しました。暴走政治ストップ、日本の政治の「5つの転換」の訴えに、保守議員、他党支持者の間でも、「今度は共産党」の声が広がりました。
 総選挙の躍進に続いて、ことしは4月のいっせい地方選挙の勝利をめざします。県議選は、福山市の現職に加えて県都広島市で議席を獲得して復讐議席の実現、現職3人の広島市議選は、8くすべての議席獲得をめざします。
 呉市、東広島市は議席増、尾道市、坂町は現有議席確保、熊野町は空白克服が目標です。市民本位の市政への転換をめざして広島市長選挙をたたかいます。
 被爆70周年の年に、5月のNPT再検討会議の成功に力をつくします。ことしもよろしくお願いします。