日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
大平衆院議員
私は野球観戦が好きで、もちろんプロ野球は広島東洋カープのファンです。物心つくころから毎日カープ帽をかぶり、父や母に連れられて広島市民球場にもよく行っていました。小学生のときは町内会のソフトボールチームに参加し、中学から高校まで六年間は野球部に所属。高校時代はキャプテンを務めるなど、私にとって野球は青春そのものでした。
今年はいつになくカープの前評判もいいので、たいへん楽しみに開幕をむかえましたが、ある日、球団のホームページに目を疑う記事。「自衛隊コラボイベント『CARP×自衛隊DAY』!」として4月7日の対巨人戦で自衛隊の一大アピール企画をするというもので、カープ坊やが自衛隊服を着せられ、女性自衛官が国家斉唱をおこない、旭日旗がささった「自衛隊カレー」が販売され、球場には装甲車が展示される・・・とのことでした。
安倍首相が国会答弁で自衛隊を「わが軍」と呼び、集団的自衛権の行使容認で自衛隊が海外で戦争に出されようとしている中での企画。純粋に野球を楽しみ、カープを応援したいと、子どもたちを含めてたくさんの人たちが集まるこの場所を自衛隊の宣伝に使うことが本当に悲しく、許せない気持ちになりました。
五月の連休明けには「戦争立法」が提出され、後半国会最大の焦点となります。「若者を戦場に送るな」の思いを一段と強めて立ち向かっていきたいと思います。