日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
選挙結果についての日本共産党広島県委員会の見解を紹介します。

総選挙の結果について
 党広島県委員長 村上昭二

一、沖縄を除くすべての小選挙区に候補者を立て、11の比例ブロックすべてで議席獲得、議席増をめざしてたたかいました。
全国は、8議席から法案提案権のある21議席に大躍進し、定数11の中国ブロックは得票率9.19%、8位で広島の大平喜信さんが11年ぶりに議席を獲得しました。広島での衆院議員の誕生は初めてです。
県内では、投票率が50.02%と戦後最低だった前回よりも6.74%下回るもとで、比例107,749票(得票率9.53%)は、今の選挙制度になった1996年以来、00年の111,717票、96年の110,088票に次ぐ高さ、得票率は96年の8.64%を上回り衆院選では最高になりました。
小選挙区132,601(11.84%)票は、前回の89,463票(7.0%)にたいして、全ての選挙区で得票・率とも伸ばしました。
日本共産党の前進のため奮闘された党員、後援会員、支持者のみなさんに心から感謝します。
一、選挙戦では、安倍政権の暴走ストップ、政治の「5つの転換」を訴え、国民の立場に立ってブレることのない日本共産党への支持を呼びかけました。有権者の多くが投票日直前まで模索を続けるなかで、街頭でも、対話でも「今度は日本共産党」と確かな手ごたえが広がりました。
一、与党が引き続き多数を占めるなかで、大平喜信新議員とともに公約実現のたたかいを広げ強く大きな党の建設へ力をつくします。

大平よしのぶ
 日本共産党広島県常任委員の大平喜信氏(36)が、次期衆院選比例代表選挙中国ブロック候補(第一次)に決まりました。県庁で4日に行われた記者会見で大平氏は「中国地方は米軍の低空飛行など、自民党政治のゆがみが深刻です。安全で平和な日本実現へ全力で頑張ります」決意を述べました。略歴を紹介します。
 1978年生。広島大学学校教育学部卒。日本民主青年同盟広島県委員長、同中央常任委員。参院比例代表候補、衆院比例代表中国ブロック候補。現在、党県常任委員、青年学生部長、広島土砂災害対策本部副本部長

 石村氏は党本部へ
 同候補を務めてきた石村智子氏は、党本部の仕事に就くことになり、「ご支援に感謝します」と述べています。

21日、市田忠義党副委員長を弁士におこなわれた広島市での日本共産党演説会には、近年にない規模の1400人の方が参加し、大きく成功しました。
演説会は、新しく党広島県後援会長となった尾野進さんのあいさつから始まり、秋葉忠利元広島市長からのメッセージ紹介ののち、来年のいっせい地方選挙に立候補する予定候補者がそろって登壇。県議会2人、広島市議会8人全員の当選めざして、候補者全員が決意表明をしました。

大きな拍手のなか紹介された市田副委員長は、「安倍政権は『亡国の政治』そのもの。一日続けば、その分だけ、日本と国民に災いをもたらすことは明らかです。安倍政権打倒の国民的大運動を起こそうではありませんか」と呼びかけました。参加者は「そうだ!」「よーし」と、市田氏のうったえに拍手と声援でこたえました。
参加者からは「元気がでる演説会でした」「一人でも多くの人にこのことを伝えたいと感動した」など、たくさんの感想が寄せられ、「しんぶん赤旗を購読してもよい」「入党について考えてみる、入党してもよい」に丸をされている方もたくさんおられました。

 福山市で6日、日本共産党演説会が開かれ、約750人が参加しました。
 穀田恵二衆院議員・党国対委員長が支援を訴え、来春のいっせい地方選の県議選福山選挙区(定数10、1減)で6期目をめざす辻つねお候補と尾道市議選(定数29、3減)で3議席確保をめざす寺本真一、魚谷さとる、岡野長寿の3市議が、それぞれ決意を表明しました。
 穀田氏は「安倍政権が攻め込んでいるのではなく、われわれが包囲していることを確信に、日本共産党とともに暴走に歯止めかけよう」「戦争か平和かの岐路に立つ今、辻県議と尾道の三人を勝たせ、平和の大道となる日本共産党を躍進させてほしい」と訴えました。
 日本共産党の演説会に初めて参加した60歳男性の会社員(尾道市在住)は「真実を曲げない日本共産党の政治家の人たちの熱心さに感動した。集団的自衛権の問題でもアメリカへの言いなりは、全くない。友人や知人、親戚にも声をかけて、日本共産党を応援したい」と語りました。

 原水爆禁止2014年世界大会の成功をめざして6月27日、広島市で「網の目平和行進」があり、市内4コースを、300人以上が中区の平和公園まで行進しました。毎年6月末に実施し、今年が29回目です。
 西区の福島生協病院前出発のコースでは、広島市原水協の中本康雄筆頭代表理事が「来年は被爆70年で、NPT(核不拡散条約)再検討会議が開かれる。その成功へ今年の世界大会は非常に重要だ」とあいさつ。参加者は「戦争する国づくり反対」「政府は核兵器廃絶の先頭に立て」とシュプレヒコールをあげて行進しました。
 平和公園で開かれた集結集会では、ヒロシマ労連の金子秀典議長、県原水協の川后和幸代表理事、広島市教組(全教)の井村誠委員長が決意表明。広島市の松井一実市長のメッセージが紹介されました。

安倍政権が強行しようとしている集団的自衛権行使を可能にするための閣議決定を何としても止めようと、日本共産党が広島・呉市など各地で宣伝を強化。「憲法破壊のクーデターを許すな」の訴えに、「二人の子どもが戦場に送られるようになるのではと心配。きっぱり反対している共産党にもっと頑張ってほしい」など、期待の声が寄せられています。
県委員会(村上昭二委員長)が広島市中区で13日昼、7人で実施した宣伝では、通りかかった33人がこの問題でのシール投票に応じ、「反対」21人、「賛成」ゼロでした。「自分も何かしたい」と、すすんで行使容認反対署名をする女性の姿も見られました。
広島市東地区委員会は15日、中・東・南・安芸区の4行政区ごとに集中宣伝し、「暴走阻止へ力を合わせましょう」と訴えました。

さよなら原発ヒロシマの会は6日、広島市中区で「原発ゼロ」を求める首相官邸前抗議行動に連帯するアピール・ウォークをしました。毎月第1・3金曜日に実施しているもので、58人が「原発いらない、その訳は」「原発なくても電気は足りる」「子孫に禍根を残します」などとコールして行進しました。
出発にあたり、広島のうたごえ9条の会のリードで童謡「かたつむり」の替え歌「ぜんぜんいらない原子力/お前の未来は核のゴミ/子どもの未来をけがすだけ」を合唱しました。秘密法廃止!広島ネットワークの難波健治事務局長は、集団的自衛権行使の容認反対を掲げ、今月20日午後6時半に原爆ドーム前を出発するデモ行進への参加を呼びかけました。

「生活保護裁判を支援する会」(佐々木宏代表)は5月31日、広島市南区で第8回総会を開き、約60人が参加しました。同裁判弁護団長の津村健太郎弁護士が「生活保護裁判の意義と今後の課題」と題して記念講演をしました。
 生活保護費の老齢加算の削減が憲法に違反するとして係争中の11訴訟のうち、広島では地裁、高裁とも不当判決が出され、最高裁へ上告しました。
 佐々木代表は開会あいさつで「最高裁でも厳しさを感じさせる不当判決だったが、黙ってしまうことは自公政権の暴走を許すことになる」と決意を表明しました。
 津村弁護士は、削減の重要な根拠となった特別集計の資料に疑問点があることを無視した不当判決を断罪し、「生存権裁判は、社会保障後退の企みとのたたかいだ」と訴えました。

三原市の「国保制度をよくする会」(西村善郎会長)は5月21日、国保税一人当たり一万円引き下げを求める署名3364人分を、天満祥典市長に提出しました。
4月19日に第3回総会を開いて引き下げを求める運動を開始し、約一カ月で集めました。2012年6月、同11月、13年11月と今回提出した国保税引き下げ署名は、合わせて22294人分になります。
藤井康子副会長、寺田拓也事務局長ら、役員を中心に5人が市役所を訪れ、天満市長や保健福祉部長らと約40分交渉。市長は「国保税は市長会等で議論し、担当課とも相談している。署名は、市民のみなさんの要望として重く受け止めます」と回答しました。

安倍政権の暴走ノー、大幅賃上げ実現、労働法制改悪反対などを掲げて5月1日、第85回メーデーの集会やデモ行進が県内では5カ所で行われ、合わせて1100人が参加しました。
広島市中区のハノーバー庭園で開かれた県中央メーデーには約800人が参加。「日本を再び『戦争できる国』へ変える安倍『暴走政治』ストップを」との宣言を採択し、市中心部をデモ行進しました。
主催者を代表して川后和幸県労連議長が開会あいさつ。来賓として全労協加盟のスクラムユニオン・ひろしまの土屋信三委員長、日本共産党の村上昭二県委員長が連帯を表明しました。
広島市児童館指導員労組は、ゆるキャラ「ふなっしー」に扮装して「時間外多くても手当なっしー」「何年働いても退職金なっしー」と訴え、デコレーションコンクールで1位に入賞しました。


前ページ 次ページ