日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
10月4日 女性後援会と訴える大畑候補(左端)
 廿日市市議補選が10月11日告示、18日投開票で市長選挙と同時に行われます。欠員はいまのところ一人で、日本共産党は前回議席を失った大畑美紀前市議が議席回復をめざします。この他二人が立候補を予定しています。


 
 
 市議補選は、安倍自公政権が戦争法を強行成立させた直後に、広島県内で最初に行われます。日本共産党は、大畑候補を先頭に「廿日市から戦争法廃止の声をあげよう」「戦争法を廃止する政府をつくろう」と訴えています。
 廿日市市政は、岩国基地拡張反対や子ども医療費の年齢枠拡大に前向きな答弁を行う一方、大型開発の姿勢が鮮明になっています。22億円かけた市役所沖の埋め立て地に大型商業施設「ゆめタウン」がオープンしたが、これに3年間で3.6億円の固定資産税の免除、1億円の雇用奨励金などの優遇策を講じています。
 
昨年度からは、前市長が凍結を決めていた事業費130億円の新機能都市開発(山林を開発して工業団地造成、商業施設誘致などの計画)の推進を表明し、調査費の計上を始めています。日本共産党市議団は、計画の段階から、「ムダな大型開発、市の財政を悪化させる」と反対の論陣を展開し、凍結させていました。
 
大畑候補は、「くらし優先のまちへ、山を削り海を埋め立てる大型開発をやめて、市民の願いを実現します」と➀子ども医療費を中学三年まで無料に、A国保・介護の負担を軽減、Bごみ袋の値上げストップーなどの政策を訴えています。

訴える仁比氏
 日本共産党の仁比そうへい参議院議員は18日、広島市中区の本通り商店街入り口で街頭演説をしました。中森辰一広島市議が司会を務め、仁比氏は戦争法案を必ず廃案に追い込もうと訴えました。
 街頭演説の直前の午後1時に「アベ政治を許さない」のポスターをいっせいに掲げる全国いっせい行動があり、仁比氏もポスターを掲げてアピールしました。
 仁比氏の訴えを初めて聞いた公務員の吉田康夫さん(28)=広島市東区=は「安倍首相は説明不十分で、日本の政治家のトップとして恥ずかしい。共産党の志位委員長が鋭い質問をしても同じことの繰り返しで全く回答になっていない。仁比さんの力強い演説を聞いて必ず廃案に追い込めると確信した」と語りました。

「戦争イケン」の赤いカードを掲げる参加者
 「STOP!戦争法ヒロシマ集会」(同実行委員会主催)12日、広島市中区の中央公園で開かれ、約4500人が参加。同市内中心部を二コースに分かれてデモ行進しました。
歌手で僧侶の二階堂和美さんのミニライブがあり、実行委員長で「広島県9条の会ネットワーク」事務局長の石口弁護士は「憲法違反の戦争法案を絶対に許してはならない」と開会あいさつ。木村豊・広島弁護士会会長、秋葉忠利元広島市長らよびかけ人三氏が決意表明し、集会に駆け付けた日本共産党の大平喜信衆議院議員が紹介されました。

あいさつする春名氏(演壇)。その右奥は大平氏
 日本共産党広島県委員会は5日、広島市内で第26回党大会第2回県党会議を開き、党勢の倍加と世代的継承に全党をあげてとりくむ総合計画を決定しました。大平喜信衆院議員、春名なおあき参院比例候補があいさつしました。
 春名氏は「大平衆院議員と同じく、36歳で衆院選に初当選した。大平衆院議員、仁比聡平参院議員と私の中四国スリートップで安倍政権をなんとしても退陣に追い込みたい」と決意表明。「私のライフワークは党員を増やすことだ」と述べ、戦争法案阻止と党勢拡大の大運動を成功させようと力を込めて呼びかけました。
 選出された役員は次の通りです。(敬称略)。▽委員長=村上昭二(67)▽副委員長=角谷進(68)▽書記長=小浜一輝(59)▽常任委員=高見篤己(63)、辻恒雄(65)、重村幸司(64)=以上再任=、信野映子(45)=新=。

大平衆院議員
 憲法を変えるためにつくられた「憲法審査会」がいま、政府が強行しようとする戦争法案の一番の障壁になっています。
6月4日、同会の参考人質疑で、憲法学者3人全員が私と民主党委員の質問に、口をそろえて「安保法制は違憲」とはっきり述べられ、国会内外で潮目のかわりはじめる大きな節目となりました。
 15日には、同会の地方公聴会が高知県で行われました。主婦や自営業者、翻訳家など6人の意見陳述人の方からの意見は安保法制に集中し、5人が「違憲」「反対」を表明されました。市民のみなさんも、圧倒的多数が「安保法制反対」であることが改めて浮き彫りになりました。
 終了後の記者会見で与党議員は、繰り返し「審査会は本来、政局の対立や個別政策から距離を置いて憲法の本質を議論する場」と議論を避けようとしましたが、意見陳述もマスコミの方の質問も安保法制に集中し、苦しまぎれの回答に追い込まれていました。
 ある記者の方が、参加した委員全員に質疑の感想を聞いたので、私は「国民のみなさんの率直な思いが改めて浮き彫りなった。こうした声にこたえて、違憲立法の『戦争法案』は廃案にすべきだ」と述べました。
 日に日に反対の声は広がり、政府・与党は追い込まれています。必ず廃案にするため、最後の最後まで全力でがんばります。

大平衆院議員
私は野球観戦が好きで、もちろんプロ野球は広島東洋カープのファンです。物心つくころから毎日カープ帽をかぶり、父や母に連れられて広島市民球場にもよく行っていました。小学生のときは町内会のソフトボールチームに参加し、中学から高校まで六年間は野球部に所属。高校時代はキャプテンを務めるなど、私にとって野球は青春そのものでした。
今年はいつになくカープの前評判もいいので、たいへん楽しみに開幕をむかえましたが、ある日、球団のホームページに目を疑う記事。「自衛隊コラボイベント『CARP×自衛隊DAY』!」として4月7日の対巨人戦で自衛隊の一大アピール企画をするというもので、カープ坊やが自衛隊服を着せられ、女性自衛官が国家斉唱をおこない、旭日旗がささった「自衛隊カレー」が販売され、球場には装甲車が展示される・・・とのことでした。
安倍首相が国会答弁で自衛隊を「わが軍」と呼び、集団的自衛権の行使容認で自衛隊が海外で戦争に出されようとしている中での企画。純粋に野球を楽しみ、カープを応援したいと、子どもたちを含めてたくさんの人たちが集まるこの場所を自衛隊の宣伝に使うことが本当に悲しく、許せない気持ちになりました。
五月の連休明けには「戦争立法」が提出され、後半国会最大の焦点となります。「若者を戦場に送るな」の思いを一段と強めて立ち向かっていきたいと思います。

河辺たかふみ広島市長候補
 広島市長選挙は29日告示(4月12日投開票)されます。「市民のための市政をつくる会」の河辺たかふみ候補(60)=無所属新、日本共産党推薦=ら6候補の争いです。
 河辺氏は、広島民主商工会の事務局長として、市民・業者とともに38年間、暮らしと営業を守る先頭に立ってきました。「安倍政権の暴走政治のもとで、中小業者は軒並み赤字、廃業や倒産が増え、相談は深刻になるばかり。市政が暴走政治の防波堤になるべきだ」と語ります。
 松井一実市長は、財政が厳しいと「事務・事業の見直し」で障がい児の給食費、市営住宅エレベータ設置などを廃止・縮小し、さらに留守家庭子ども会の無料制度や高齢者交通費助成の廃止など、くらし・福祉・教育など4000事業の改悪・縮小を狙っています。
 一方で、凍結されていた大型事業を次々と復活。大企業へは大盤振る舞いで、広島空港まで4分縮小するために高速5号線・二葉山トンネルに1044億円、広島駅周辺開発など不要不急の8つの事業に1109億円をつぎこみますが、防災や環境事業など身近な公共事業は減らす一方です。
 安倍政権の「戦争する国づくり」に反対もせず、被爆者や市民の声を届けようとしていません。

広島市長選挙に立候補する河辺たかふみ氏
広島市長選挙(29日告示、4月12日投開票)を目前に控え、「市民のための市政をつくる会」の河辺たかふみ候補(日本共産党推薦)は、➀いのちとくらしが最優先Aムダな大型開発ストップBヒロシマの声を全世界にC金権・利権政治ストップ、市民の声が生きる市政―の実現をと力を込めて訴え、「頑張ってください。応援します」などの共感の声を広げています。
 河辺氏は長年、広島民主商工会事務局長の活動などを通して、市民や自営業者の暮らし、営業を守る運動の先頭に立ってきました。その経験を生かして各界の人々の要望を聞き、政策を述べて支援を訴えています。

広島市の成人式会場近くで宣伝する共産党広島市議団や同候補ら
「成人の日」の12日、県内の成人式会場前で、日本共産党や日本民主青年同盟が「若者が希望をもてる社会にするため、ともに力をあわせましょう」と新成人に呼びかけました。
 広島市の成人式が行われた西区の会場周辺では、日本共産党の県、広島市東・西地区委員会と民青同盟県委員会が宣伝しました。
 同党市議団(中原ひろみ団長ら3人)といっせい地方選挙で県議選、広島市議選をたたかう候補者らが、「成人おめでとう」「一緒に社会を変えよう」と書かれたビラを配り、「まともな仕事と人間らしく働けるルールを作ろう」「若者の願い実現のため、ともにがんばろう」と訴えました。
 福山市の会場前では、日本共産党の辻つねお県議と福山市議団(村井明美団長ら4人)が、「若者を戦場に送ってはなりません。9条を生かした外交こそ」と宣伝しました。

村上県委員長
 新年、おめでとうございます。
 昨年は、8月20日未明に発生した土砂災害に被災者救援、生活再建に全力をあげ、総選挙での「画期的な躍進」に喜びを爆発させた年になりました。
 「広島生まれの広島育ち、36歳」の大平喜信新議員の誕生を、みんなが喜びました。広島で初めての衆議院議員、中国ブロックで11年ぶりの議席を中国5県の力で勝ち取りました。
 とりわけ広島は、1996年に比例代表選挙導入以来、最高の得票率を獲得して議席奪還に大きく貢献しました。暴走政治ストップ、日本の政治の「5つの転換」の訴えに、保守議員、他党支持者の間でも、「今度は共産党」の声が広がりました。
 総選挙の躍進に続いて、ことしは4月のいっせい地方選挙の勝利をめざします。県議選は、福山市の現職に加えて県都広島市で議席を獲得して復讐議席の実現、現職3人の広島市議選は、8くすべての議席獲得をめざします。
 呉市、東広島市は議席増、尾道市、坂町は現有議席確保、熊野町は空白克服が目標です。市民本位の市政への転換をめざして広島市長選挙をたたかいます。
 被爆70周年の年に、5月のNPT再検討会議の成功に力をつくします。ことしもよろしくお願いします。


次ページ