日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
大平衆院議員
 先日、北広島町の旧芸北町地域に伺いました。全国でも有数の湿原地帯で、希少野生動植物が生息する自然豊かな地域でもある八幡高原は、大佐山や鷹ノ巣山なども連なり多くの方がそのすばらしい眺望を求めてやってくる地域でもあります。
 いまそこに、高さ150メートルの巨大な風力発電を17機建設するという計画がねらわれています。この日、「八幡高原の景観と環境をまもる会」の高木茂事務局長にお話を伺いました。「百害あって一利なし。芸北地域の住民は全員反対している。なんとしても阻止したい」と。この事業に対する「環境大臣意見」でも、「鳥類、植物、生態系、景観、人と自然との触れ合いの活動の場等に対する重大な影響が懸念される」と厳しく指摘されています。風がたいへん強く吹く地域で、一度造れば毎年約100億円の収益が上がるとの試算も。環境破壊や景観をないがしろに、利益を追求する計画は、絶対に認めるわけにはいきません。
 もちろん、再生可能エネルギーの導入は、温暖化抑制のためにも喫緊の課題であり一層の推進が求められています。だからこそ、利益追求を優先した乱開発ではなく、あくまでもその地域の環境維持と地域経済への貢献にふさわしいものとしなければなりません。
 高原を少し下るとそこには数少ない国が設置した騒音測定器が。米軍機の低空飛行訓練が激しくおこなわれており、住民の怒りとたたかいが設置させました。TPPと日欧EPAの推進による農村崩壊と自給率低下をもたらす企ても含めて、北広島町は大企業優遇政治とアメリカいいなり外交という自民党政治の害悪がまさに集中した地域だとあらためて痛感させられました。
 この日最後に伺ったのは、元町会議員で県の集落営農組織の会長も務めておられる亀岡章治さん。「政治を変えんとどうしようもない、もう共産党しかありゃせん」とがっちり握手を。長年自民党を支えてきた農村からも、大きな反撃と共同の広がりが力強く始まっています。
 

献花する遺族
 77人が犠牲となった広島土砂災害から3年となった20日、広島豪雨災害犠牲者追悼式が、広島市安佐北区の会場で営まれました。
 
同実行委員会が主催し、遺族45人を含む被災者、国や県、市の関係者ら600人が参列して黙とうしました。
 
同区可部東で夫が亡くなり、自身も重傷を負った宮本孝子さんが遺族を代表して「災害のために全てを失い犠牲者が出ることはつらく悲しい。災害で亡くなる人がいなくなる世の中を切に願います」とあいさつしました。湯崎英彦県知事、松井一美市長があいさつし、遺族が献花台に花を手向けました。参列した女性は「災害で犠牲者が出たというニュースをみると胸が痛いです」と語りました。
 日本共産党の大平喜信衆院議員や市議が参列しました。


垣内京美衆院比例候補
 党創立95周年記念講演会で、「二つのうれしい出来事」の一つに、核兵器禁止条約が採択されたことが取り上げられました。戦後70年余、被爆者のみなさんが一貫して核兵器の非人道性を訴え、原水爆禁止運動が、核兵器廃絶を求めて不屈にたたかってきたことが実りました。
 日本共産党が、大国の干渉など大きな困難もはねのけて運動を発展させてきたことも、世界を進歩の方向にすすめる力になったと確信を深めています。
 被爆地・広島の党は、戦後、ただちに、原爆反対の運動をすすめ、進歩的文化人や労働組合、青年、女性の団体などと手をつないで、1949年に日本の原水爆禁止運動の草分けともいうべき「平和擁護広島大会」の開催へ。共産党員である詩人・峠三吉は、被爆の惨状や原爆投下の問題の本質を告発する作品を残しました。「ちちをかえせ ははをかえせ」で始まる詩は、深く心を揺さぶられます。こうした党の歴史、たたかいを誇りに思います。
 戦争被爆国の政府であるならば、条約に参加し、先進的な役割を発揮すべきです。広島市での「党を語るつどい」で、「核兵器廃絶を求める世界の本流の先頭に立つ政府をつくろう」との思いをみなさんと共有しました。
 岡山県の国立ハンセン病療養所長島愛生園の党支部が、今年結成70年を迎えます。その歴史は、療養所の劣悪な環境と人権侵害のなか、人間の尊厳をとりもどすため、不屈の活動をつづけた歩みです。“国民の苦難あるところ、たたかいのあるところ日本共産党あり”――。多くの先輩たちがつなげてくれた社会変革の事業を大きく発展させて、安倍政権を倒し、国民の声が生きる新しい政治を実現したいと決意を新たにしています。

志位委員長と演説する大平衆院議員 8月5日広島市中区本通電停前
 72回目の原爆の日の前日8月5日(土)、広島市中区本通電停前で行われた街頭演説―「核兵器禁止から廃絶へー『国連会議』の報告」で志位和夫委員長とともに演説を行った大平衆院議員の演説を紹介します。
 
 「みなさん、こんにちは。日本共産党衆議院議員の大平喜信です。
 明日、原爆投下から72回目となる8月6日をむかえます。
原爆によって亡くなられた方、残されたご家族の皆さん、また今日まで懸命に生きてこられた被爆者の皆さん、お一人お一人の苦しみや悲しみにあらためて思いをはせながら、今日こうしてこの場にたたせていただいています。
 
 今年7月、私たち日本共産党は、昨年の国連総会で決まった核兵器禁止条約の国連会議に代表団を派遣し、私もその一員として参加をしました。そして核兵器をこの世界ではじめて違法化するというその歴史的瞬間、核兵器禁止条約が採択されたその場にたちあってきました。
私が今日、皆さんにご報告したいことは、この会議に参加をして、世界中から集まった政府代表の皆さんたちと、心から共鳴しあい、確認をしあうことのできた2つのことについてです。
 
 まずその一つは、被爆者が体験した地獄を会議参加者一人ひとりが我が事として受けとめ、核兵器の非人道性を肌身で感じ、どんな理由があろうとも核兵器を持つこと、使うことは決して許されない、完全廃絶を一日も早く実現させなければならないと決意したことです。そして、そのことは条文の中にもはっきりと記されました。
 
 1歳の時に広島で被爆した藤森トシキさんは、国連会議でうったえました。「爆風で土手の下まで吹き飛ばされ、包帯でぐるぐる巻きにされた私は、やがて死を迎えると思われていたが奇跡的に生きのびた。建物疎開に動員された姉は遺体さえ見つからないまま。その年の末までに21万人が死亡し、生きのびたものも今日までの2万6166日間苦しみ続けている。同じ地獄をどの国の誰にも絶対再現してはならない」。
 それに対して、この会議の議長を務めたエレン・ホワイトさんは最後のあいさつで次のように述べました。「ヒバクシャは筆舌に尽くせない非人道的な事態をいかなる人に対しても二度と遭わせてはならないと教えてくれた。今日私たちは世界に向かって言うことができる。ついに核兵器禁止条約ができた、と。ありがとう」。
 こうした響きあいのなかでできた核兵器禁止条約の前文には、「核兵器のあらゆる使用がもたらす破滅的な人道的結果を深く憂慮し」「ヒバクシャにもたらされた容認しがたい苦難と損害に留意し、」「核兵器のいかなる使用も人道の諸原則および市民的良心の命ずるところに反することを再確認」するなどと書きこまれました。
 
 「被爆者のみなさん、生きていてくれて本当にありがとう。そのつらい体験を話してくれて本当にありがとう」と、世界各国の政府代表の多くがそう語っていました。そしてさらに、「この地球上から核兵器をなくすためにどうか力を貸してください、私たちも引き続き全力でがんばります」と語っていました。
 私はヒロシマに生きる、また全国に暮らす被爆者とそのご家族のみなさん、無念の思いを持ちながら亡くなられたすべての被爆者のみなさんに、心からの敬意をこめて、そのことをご報告したいと思います。
 もうひとつは、被爆地ヒロシマはじめ、日本全国、全世界で平和な世界をと願う市民の行動それこそが政治を動かし、この条約をつくる大きな力になったということです。そしてそのことが各国政府代表からも口々に語られ、条文にもしっかり書きこまれました。南米のチリの代表は「市民社会はこの交渉の道義的な羅針盤を示した。交渉の真の同僚だ」と述べました、ブラジルの代表は「市民社会は強力な条約をつくるうえで、重要な貢献をした」と述べ、エジプトの代表も「この歴史的成果は、市民社会の積極的参加抜きにはありえなかった」と述べました。
 核兵器禁止条約の前文の最後にも、私たちは核兵器の完全廃絶にむけて市民社会の役割を強調するとはっきりと書きこまれました。
 
 一人ひとりの署名が、その何十倍もの規模でたとえ断られてもよびかけ続けた一回一回の声かけが、60年間、日本全国で歩き続けてきた平和行進の一歩一歩が、原水爆禁止世界大会をはじめ全国津々浦々でとりくまれてきた一回一回の集会が――そのすべてが積みあがって巨大な力となり、非核保有国政府とスクラムをくみ、核大国を震え上がらせる核兵器禁止の国際ルールをつくりだしたのです。
 私は長年に渡って、暑い日も寒い日も、苦労や困難にも負けず、平和を願って行動を続けてこられたすべての市民の皆さんに、そのことを心からの敬意をこめてご報告したいと思います。
 
 この歴史的瞬間、画期的な条約の採択の場に、日本政府・安倍政権は欠席をしました。世界中からも失望と怒りの声が寄せられました。被爆国政府として、あまりにも情けない、恥ずかしい、許しがたい態度ではありませんか。安倍政権は核兵器禁止条約に署名せよとこの被爆地ヒロシマから大きくつきつけようではありませんか。
 それでも被爆者たちのうったえ、ヒロシマ・ナガサキの声が聞こえないのであれば、そんな政権はもはや退陣に追い込む以外にありません。解散総選挙に追い込んで安倍政権を終わらせ、核兵器のない世界の実現へ文字通りの先頭に立つ、非核の政府をつくるために、皆さんご一緒に力をあわせようではありませんか。
 
 被爆者の皆さんが生きているうちに核兵器のない世界の実現を。引き続き私もその先頭に立ってがんばる決意申し上げ、うったえとさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。」
 

報告する志位委員長(左端)と大平衆院議員(その右)ら
 日本共産党は、志位和夫幹部会委員長を先頭に被爆72年の広島で、核兵器廃絶、被爆者援護の決意を込めて活動しました。
 
5日夕方には、核兵器廃絶の歴史的瞬間に立ち会った志位委員長が広島市中区で「核兵器禁止から廃絶へー『国連会議』の報告」と題して演説し、「被爆国・日本で核兵器廃絶にサインする政府をつくりましょう」と呼びかけました。
 大平喜信衆院議員は、条約採択の現場に立ち会った感動を語り、「『核兵器のない世界』実現へ先頭に立つ政府をつくろう」と訴えました。
 6日早朝には、志位委員長、笠井亮、大平喜信、高橋千鶴子、藤井保史の各衆院議員、井上哲士参院議員、垣内京美衆院比例候補、辻恒雄県議、中森辰一、中原洋美、藤井敏子、村上厚子の各広島市議、村上昭二県委員長らが、平和記念公園で原爆碑に献花し、犠牲者を追悼しました。
 6日には、志位委員長は広島市主催の平和記念式典に出席したのち、県被団協(坪井直理事長)主催の「原爆死没者追悼式」であいさつをしました。その後、原水爆禁止世界大会・広島集会であいさつをしました。また、県被団協(佐久間邦彦理事長)と懇談を行いました。
 5日には大平、高橋両衆院議員と井上参院議員、垣内衆院比例候補は、原爆養護ホーム「神田山やすらぎ園」、広島赤十字・原爆病院、県被団協(佐久間理事長)被爆者相談所を訪問し被爆者らと懇談し激励しました。辻県議、広島市議団が同行しました。

27日、安芸区のつどいで訴える大平議員(こちら向き右)
 日本共産党支部や後援会などが広島市内で、大平喜信衆院議員、垣内京美衆院比例候補を迎え、つどいや街頭宣伝に取り組みました。
 西区の党支部と後援会は7月23日、3カ所でつどいと街頭宣伝に取り組み、大平議員と藤本さとし衆院2区候補は3カ所のスーパー前で「日本政府は被爆地広島の声を聞くべきだ。核兵器禁止に背を向ける政府は1日も早く終わりにさせよう」と訴えました。
 
党南区委員会は同24日、つどいを開き約30人が参加。垣内候補と大西オサム衆院1区候補が訴えました。
 垣内候補は「東京都議選で自民党が大敗して安倍政権の支持率が急落。中国地方でも安倍政権許すな、共産党がんばれの波が起こっている」と訴えました。
 安芸区と佐伯区では27日に、東区と中区では30日に区委員会や党支部がつどいを開催。大平議員が、中石ひとし衆院4区候補、藤本2区候補、大西1区候補とともに「安倍政権ノーの審判が全国で下っている。総選挙では市民と野党の共闘を進め、党の躍進を勝ち取ろう」と訴えました。

サーローさん(左)と話す筆者(右)
 今回の国連会議は、平和と民主主義が輝く国際社会を築く上で、もはや市民社会の役割を抜きには語れなくなりました。あらためてですが、世界諸国民一人ひとりの力が国際政治を動かし、つくりあげていくんだとはっきりと確信することができました。その点ではジェンダー精神、男女平等の重要性も痛感しました。
 閉会後、会場を出たところで、被爆者のサーロー節子さん、藤森俊希さんのお話をあらためて聞き、がっちりと握手もさせていただきました。「亡くなった被爆者の仲間たちにも『やっと条約ができたよ』と伝えたい」(サーローさん)、「ヒバクシャ国際署名を開始して一年後ろに条約ができるとは思ってもなかった。世界の皆さんに感謝したい」(藤森さん)などと喜びを語るとともに、「世界は日本政府に不信を強めている。ここに来てみんなの話を聞かずにどうして橋渡しができるのか」(サーローさん)、「日本政府の態度にはらわたが煮えくり返る思い。政府代表は3月に『ここでは誠実に、建設的な議論ができない』と発言して会場をあとにした。よりによって被爆者が発言した後に」(藤森さん)など、日本政府・安倍政権への満身の怒りも語られました。
 さらに藤森さんからは国内外の多数のメディアに囲まれる中で、「東京都議選で政権党は惨敗をした。私たちは決してへこたれない。必ずやこの政権は国民によって倒されるに違いない」と自信に満ちた表情でうったえられておられたこともたいへん印象的でした。
 広島出身の日本共産党国会議員として、被爆者や世界からの参加者の一言一言をあらためて胸に刻み、条約がもつ法的規範の力にしっかりと依拠しながら、被爆国日本の政府の姿勢を変えていき、また、安倍政権を終わらせ、新しい野党と市民の共同による「非核の政府」をつくっていく国会内外のたたかいへと、その先頭に立ってがんばる決意です。
 あらためて、送り出してくださった関係者の皆さんに心からのお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 

大平衆院議員
 「賛成122」とスクリーンに投票結果が映し出されると、会場は大歓声や指笛、万雷の拍手に包まれ、あちらこちらで握手やハグをしたり、涙を流す姿が。核兵器禁止条約が採択され、人類と決して共存しえない核兵器に「悪の烙印」がおされた、まさに歴史的瞬間に立ち会うことができました。
 
 核兵器の非人道性、被爆者のうったえやその生の姿は、一人ひとりの政府代表らに「なんとしてもこの条約をつくらねば」との勇気と決意を呼び起こさせ、行動へと突き動かしていました。キューバのベルソン軍縮大使は「この条約の歴史的意義を大いに知らせたい。この2週間そこらの結論などではなく、世界が70年間積み上げてきたものが結実したということ」と述べ、「私自身も広島に訪れ、被爆者の姿にふれるなかで、この惨劇を二度と繰り返させてはならないと固く決意し、今度の条約起草にものぞんでいる」とおっしゃっていました。また、日本と同じく「核の傘」の下に身を置く国であるオーストラリアから参加した国会議員の方が国連会議で発言。「我が国の政府代表が参加していないのは非常に残念。しかし私は被爆者のお話を伺い、リスクを背負ってでもここに来なければと、自らの意思と資金で参加した」と語っていたことがたいへん胸に響きました。
 
 ホワイト議長はじめ何人もの外交官が、市民社会の長年にわたる行動とそれがはたしてきた役割についてふれ、心からのリスペクトをし、感謝の弁を繰り返し述べていました。そして市民社会の代表もまたそんな政府関係者を信頼し、自らも発言するとともに、彼らの一つひとつの発言に惜しみない拍手を送るなど、それぞれが信頼をしあう姿がありました。また、いろんな立場のある各国同士もおたがいを尊重しあいながら理性と熱情をもって真剣に議論をかわし、一つひとつ一致点を確認し合意形成をはかりながら、この画期的な条約を作り上げていきました。これこそ民主主義だと感じたし、大国が上からものを言って事が決まるような時代は終わった、綱領やこの間の大会決定がいう「世界の構造変化」が、平和な国際社会を築く上で巨大な力を発揮しているということを目の当たりにし肌身で実感することができました。
 

10月4日 女性後援会と訴える大畑候補(左端)
 廿日市市議補選が10月11日告示、18日投開票で市長選挙と同時に行われます。欠員はいまのところ一人で、日本共産党は前回議席を失った大畑美紀前市議が議席回復をめざします。この他二人が立候補を予定しています。


 
 
 市議補選は、安倍自公政権が戦争法を強行成立させた直後に、広島県内で最初に行われます。日本共産党は、大畑候補を先頭に「廿日市から戦争法廃止の声をあげよう」「戦争法を廃止する政府をつくろう」と訴えています。
 廿日市市政は、岩国基地拡張反対や子ども医療費の年齢枠拡大に前向きな答弁を行う一方、大型開発の姿勢が鮮明になっています。22億円かけた市役所沖の埋め立て地に大型商業施設「ゆめタウン」がオープンしたが、これに3年間で3.6億円の固定資産税の免除、1億円の雇用奨励金などの優遇策を講じています。
 
昨年度からは、前市長が凍結を決めていた事業費130億円の新機能都市開発(山林を開発して工業団地造成、商業施設誘致などの計画)の推進を表明し、調査費の計上を始めています。日本共産党市議団は、計画の段階から、「ムダな大型開発、市の財政を悪化させる」と反対の論陣を展開し、凍結させていました。
 
大畑候補は、「くらし優先のまちへ、山を削り海を埋め立てる大型開発をやめて、市民の願いを実現します」と➀子ども医療費を中学三年まで無料に、A国保・介護の負担を軽減、Bごみ袋の値上げストップーなどの政策を訴えています。

訴える仁比氏
 日本共産党の仁比そうへい参議院議員は18日、広島市中区の本通り商店街入り口で街頭演説をしました。中森辰一広島市議が司会を務め、仁比氏は戦争法案を必ず廃案に追い込もうと訴えました。
 街頭演説の直前の午後1時に「アベ政治を許さない」のポスターをいっせいに掲げる全国いっせい行動があり、仁比氏もポスターを掲げてアピールしました。
 仁比氏の訴えを初めて聞いた公務員の吉田康夫さん(28)=広島市東区=は「安倍首相は説明不十分で、日本の政治家のトップとして恥ずかしい。共産党の志位委員長が鋭い質問をしても同じことの繰り返しで全く回答になっていない。仁比さんの力強い演説を聞いて必ず廃案に追い込めると確信した」と語りました。


次ページ