日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       全記事   戻る   

 廿日市市議補選が10月11日告示、18日投開票で市長選挙と同時に行われます。欠員はいまのところ一人で、日本共産党は前回議席を失った大畑美紀前市議が議席回復をめざします。この他二人が立候補を予定しています。

....(762.5字)

 日本共産党の仁比そうへい参議院議員は18日、広島市中区の本通り商店街入り口で街頭演説をしました。中森辰一広島市議が司会を務め、仁比氏は戦争法案を必ず廃案に追い込もうと訴えました。....(313字)

 「STOP!戦争法ヒロシマ集会」(同実行委員会主催)12日、広島市中区の中央公園で開かれ、約4500人が参加。同市内中心部を二コースに分かれてデモ行進しました。....(240字)

 日本共産党広島県委員会は5日、広島市内で第26回党大会第2回県党会議を開き、党勢の倍加と世代的継承に全党をあげてとりくむ総合計画を決定しました。大平喜信衆院議員、春名なおあき参院比例候補があいさつしました。....(367字)

 憲法を変えるためにつくられた「憲法審査会」がいま、政府が強行しようとする戦争法案の一番の障壁になっています。....(553字)

私は野球観戦が好きで、もちろんプロ野球は広島東洋カープのファンです。物心つくころから毎日カープ帽をかぶり、父や母に連れられて広島市民球場にもよく行っていました。小学生のときは町内会のソフトボールチームに参加し、中学から高校まで六年間は野球部に所属。高校時代はキャプテンを務めるなど、私にとって野球は青春そのものでした。....(581.5字)

 広島市長選挙は29日告示(4月12日投開票)されます。「市民のための市政をつくる会」の河辺たかふみ候補(60)=無所属新、日本共産党推薦=ら6候補の争いです。....(500.5字)

広島市長選挙(29日告示、4月12日投開票)を目前に控え、「市民のための市政をつくる会」の河辺たかふみ候補(日本共産党推薦)は、➀いのちとくらしが最優先Aムダな大型開発ストップBヒロシマの声を全世界にC金権・利権政治ストップ、市民の声が生きる市政―の実現をと力を込めて訴え、「頑張ってください。応援します」などの共感の声を広げています。....(270字)

「成人の日」の12日、県内の成人式会場前で、日本共産党や日本民主青年同盟が「若者が希望をもてる社会にするため、ともに力をあわせましょう」と新成人に呼びかけました。....(359字)

 新年、おめでとうございます。....(516字)

選挙結果についての日本共産党広島県委員会の見解を紹介します。....(621字)

 日本共産党広島県常任委員の大平喜信氏(36)が、次期衆院選比例代表選挙中国ブロック候補(第一次)に決まりました。県庁で4日に行われた記者会見で大平氏は「中国地方は米軍の低空飛行など、自民党政治のゆがみが深刻です。安全で平和な日本実現へ全力で頑張ります」決意を述べました。略歴を紹介します。....(313字)

21日、市田忠義党副委員長を弁士におこなわれた広島市での日本共産党演説会には、近年にない規模の1400人の方が参加し、大きく成功しました。....(469字)

 福山市で6日、日本共産党演説会が開かれ、約750人が参加しました。....(412.5字)

 原水爆禁止2014年世界大会の成功をめざして6月27日、広島市で「網の目平和行進」があり、市内4コースを、300人以上が中区の平和公園まで行進しました。毎年6月末に実施し、今年が29回目です。....(334字)

安倍政権が強行しようとしている集団的自衛権行使を可能にするための閣議決定を何としても止めようと、日本共産党が広島・呉市など各地で宣伝を強化。「憲法破壊のクーデターを許すな」の訴えに、「二人の子どもが戦場に送られるようになるのではと心配。きっぱり反対している共産党にもっと頑張ってほしい」など、期待の声が寄せられています。....(341字)

さよなら原発ヒロシマの会は6日、広島市中区で「原発ゼロ」を求める首相官邸前抗議行動に連帯するアピール・ウォークをしました。毎月第1・3金曜日に実施しているもので、58人が「原発いらない、その訳は」「原発なくても電気は足りる」「子孫に禍根を残します」などとコールして行進しました。....(303字)

「生活保護裁判を支援する会」(佐々木宏代表)は5月31日、広島市南区で第8回総会を開き、約60人が参加しました。同裁判弁護団長の津村健太郎弁護士が「生活保護裁判の意義と今後の課題」と題して記念講演をしました。....(333字)

三原市の「国保制度をよくする会」(西村善郎会長)は5月21日、国保税一人当たり一万円引き下げを求める署名3364人分を、天満祥典市長に提出しました。....(277.5字)

安倍政権の暴走ノー、大幅賃上げ実現、労働法制改悪反対などを掲げて5月1日、第85回メーデーの集会やデモ行進が県内では5カ所で行われ、合わせて1100人が参加しました。....(345.5字)


次ページ