大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
大平比例候補(右)の必勝を訴える志位委員長(19日、広島市中区)

 19日、広島市中区本通電停前で志位和夫委員長を迎えて街頭演説が行われ、1200人が訴えを聴きました。志位委員長は、選挙の争点・政策を述べたあと、「大平さんの宝の議席、どんなことがあっても失うわけにはまいりません」「日本共産党という声を、残る3日間広げに広げて、大平さんの宝の議席、何としても守りぬいてください」と訴えました。
 志位委員長の演説に先立ち、3区市民連合筆頭代表の山田延廣弁護士があいさつし、3区の無所属候補・塩村あやか氏のメッセージが紹介されました。
 続いて、大西オサム1区、藤本さとし2区、中石ひとし4区、尾崎ひかる5区、寺田あきみつ6区、しげむら幸司7区の各小選挙区候補が紹介され、大平よしのぶ比例候補がふたたび国会に送ってください、と訴えました。

 志位委員長が「大平さんの宝の議席」の値打ちを訴え部分を紹介します。
 
 
「政党を選ぶ比例代表選挙では、日本共産党と書いていただく方を広げに広げていただきまして、大平よしのぶさん、この3年間の国会での働きは抜群です。憲法審査会で憲法を守る論陣、核兵器の問題、くらしの問題、基地の問題、中国地方の5県の願いをまっすぐに国会に届けてきた、この宝の議席、絶対に守りぬいてください」
 
「この中国ブロック、大変な激戦です。広いですから激戦が見えづらいのですけど、文字どおり一票を争う激戦です。大平さんの議席を競っています。大激戦、大接戦が現状です。どうかみなさん、大平さん、若いしすばらしい政治家ですよ。国会での働きがすばらしい。憲法を守る論陣すばらしい、核兵器廃絶を求める論陣もすごいです。くらしを守る論陣もピカイチです。この大平さんの宝の議席、どんなことがあっても失うわけにはまいりません。どうかみなさん、比例は日本共産党と残る3日間広げに広げて、大平さんの宝の議席、なんとしても守りぬいてください」


...(詳細)

日本共産党の政見放送の日時など

12日より小選挙区の政見放送が始まりました。志位和夫委員長が衆議院解散直後に行った演説をダイジェストで紹介しています。安倍暴走政治と対決する日本共産党の姿と、これからの日本の政治の展望を示し、総選挙の争点を訴えます。
 日本共産党の政見放送の日時・順番・放送局を紹介します。








...(詳細)

大平よしのぶ比例候補

【大平よしのぶ比例候補の訴え】

 日本共産党比例中国ブロック候補の大平喜信です。
 前回総選挙で国会に送っていただいてから2年10カ月、核兵器廃絶の願い、米軍岩国基地や上関・島根原発の問題、中山間地や農業など地方切り捨て許さないとの声、学生・高校生たちの学費や将来不安の問題など、中国五県の切実な課題、あらゆる世代の声をまっすぐ国会へ届け改善を求め、成果も勝ち取ってきた。このかけがえのない議席を必ず守り、今度はさらに仲間を増やして送り出していただきたい。全力でがんばる。どうかご支援を。
 今度の総選挙は何より安倍政権の暴走政治を終わらせるかどうかが最大の争点。国民の声を聞かない政治、森友・加計問題にみられる自分勝手な隠ぺい政治、さらには安保法制・戦争法、共謀罪など憲法破壊政治まで。もうこんな政治は終わりにしようではないか。その願いは自民党・安倍政権に確かな対決の足場としっかりとした対案を持ち、市民の皆さんとの共同で政治を変えると一貫して貫いてきた党、日本共産党にお寄せを。全力でがんばる。


 

 日本共産党は以下のことを実現するためにがんばる。


 ...(詳細)

総選挙勝利に向けて、以下の通りに県内2か所で街頭演説会を行います。
ぜひお越しください。

・・・・・・・
◆日にち  10月7日(土) 
◆時間・場所(2か所で行います)
 @福山市ーー 14時から福山駅前
 A広島市ーー 16時から広島市本通り電停前

◆弁 士 穀田恵二 国会対策委員長 ...(詳細)


大平衆院議員
 先日、北広島町の旧芸北町地域に伺いました。全国でも有数の湿原地帯で、希少野生動植物が生息する自然豊かな地域でもある八幡高原は、大佐山や鷹ノ巣山なども連なり多くの方がそのすばらしい眺望を求めてやってくる地域でもあります。
 いまそこに、高さ150メートルの巨大な風力発電を17機建設するという計画がねらわれています。この日、「八幡高原の景観と環境をまもる会」の高木茂事務局長にお話を伺いました。「百害あって一利なし。芸北地域の住民は全員反対している。なんとしても阻止したい」と。この事業に対する「環境大臣意見」でも、「鳥類、植物、生態系、景観、人と自然との触れ合いの活動の場等に対する重大な影響が懸念される」と厳しく指摘されています。風がたいへん強く吹く地域で、一度造れば毎年約100億円の収益が上がるとの試算も。環境破壊や景観をないがしろに、利益を追求する計画は、絶対に認めるわけにはいきません。
 もちろん、再生可能エネルギーの導入は、温暖化抑制のためにも喫緊の課題であり一層の推進が求められています。だからこそ、利益追求を優先した乱開発ではなく、あくまでもその地域の環境維持と地域経済への貢献にふさわしいものとしなければなりません。
 高原を少し下るとそこには数少ない国が設置した騒音測定器が。米軍機の低空飛行訓練が激しくおこなわれており、住民の怒りとたたかいが設置させました。TPPと日欧EPAの推進による農村崩壊と自給率低下をもたらす企ても含めて、北広島町は大企業優遇政治とアメリカいいなり外交という自民党政治の害悪がまさに集中した地域だとあらためて痛感させられました。
 この日最後に伺ったのは、元町会議員で県の集落営農組織の会長も務めておられる亀岡章治さん。「政治を変えんとどうしようもない、もう共産党しかありゃせん」とがっちり握手を。長年自民党を支えてきた農村からも、大きな反撃と共同の広がりが力強く始まっています。...(詳細)

献花する遺族

 77人が犠牲となった広島土砂災害から3年となった20日、広島豪雨災害犠牲者追悼式が、広島市安佐北区の会場で営まれました。
 
同実行委員会が主催し、遺族45人を含む被災者、国や県、市の関係者ら600人が参列して黙とうしました。
 
同区可部東で夫が亡くなり、自身も重傷を負った宮本孝子さんが遺族を代表して「災害のために全てを失い犠牲者が出ることはつらく悲しい。災害で亡くなる人がいなくなる世の中を切に願います」とあいさつしました。湯崎英彦県知事、松井一美市長があいさつし、遺族が献花台に花を手向けました。参列した女性は「災害で犠牲者が出たというニュースをみると胸が痛いです」と語りました。
 日本共産党の大平喜信衆院議員や市議が参列しました。

...(詳細)

垣内京美衆院比例候補

 党創立95周年記念講演会で、「二つのうれしい出来事」の一つに、核兵器禁止条約が採択されたことが取り上げられました。戦後70年余、被爆者のみなさんが一貫して核兵器の非人道性を訴え、原水爆禁止運動が、核兵器廃絶を求めて不屈にたたかってきたことが実りました。
 日本共産党が、大国の干渉など大きな困難もはねのけて運動を発展させてきたことも、世界を進歩の方向にすすめる力になったと確信を深めています。
 被爆地・広島の党は、戦後、ただちに、原爆反対の運動をすすめ、進歩的文化人や労働組合、青年、女性の団体などと手をつないで、1949年に日本の原水爆禁止運動の草分けともいうべき「平和擁護広島大会」の開催へ。共産党員である詩人・峠三吉は、被爆の惨状や原爆投下の問題の本質を告発する作品を残しました。「ちちをかえせ ははをかえせ」で始まる詩は、深く心を揺さぶられます。こうした党の歴史、たたかいを誇りに思います。
 戦争被爆国の政府であるならば、条約に参加し、先進的な役割を発揮すべきです。広島市での「党を語るつどい」で、「核兵器廃絶を求める世界の本流の先頭に立つ政府をつくろう」との思いをみなさんと共有しました。
 岡山県の国立ハンセン病療養所長島愛生園の党支部が、今年結成70年を迎えます。その歴史は、療養所の劣悪な環境と人権侵害のなか、人間の尊厳をとりもどすため、不屈の活動をつづけた歩みです。“国民の苦難あるところ、たたかいのあるところ日本共産党あり”――。多くの先輩たちがつなげてくれた社会変革の事業を大きく発展させて、安倍政権を倒し、国民の声が生きる新しい政治を実現したいと決意を新たにしています。

...(詳細)

志位委員長と演説する大平衆院議員 8月5日広島市中区本通電停前
 72回目の原爆の日の前日8月5日(土)、広島市中区本通電停前で行われた街頭演説―「核兵器禁止から廃絶へー『国連会議』の報告」で志位和夫委員長とともに演説を行った大平衆院議員の演説を紹介します。
 
 「みなさん、こんにちは。日本共産党衆議院議員の大平喜信です。
 明日、原爆投下から72回目となる8月6日をむかえます。
原爆によって亡くなられた方、残されたご家族の皆さん、また今日まで懸命に生きてこられた被爆者の皆さん、お一人お一人の苦しみや悲しみにあらためて思いをはせながら、今日こうしてこの場にたたせていただいています。...(詳細)