日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
 原水爆禁止2014年世界大会の成功をめざして6月27日、広島市で「網の目平和行進」があり、市内4コースを、300人以上が中区の平和公園まで行進しました。毎年6月末に実施し、今年が29回目です。
 西区の福島生協病院前出発のコースでは、広島市原水協の中本康雄筆頭代表理事が「来年は被爆70年で、NPT(核不拡散条約)再検討会議が開かれる。その成功へ今年の世界大会は非常に重要だ」とあいさつ。参加者は「戦争する国づくり反対」「政府は核兵器廃絶の先頭に立て」とシュプレヒコールをあげて行進しました。
 平和公園で開かれた集結集会では、ヒロシマ労連の金子秀典議長、県原水協の川后和幸代表理事、広島市教組(全教)の井村誠委員長が決意表明。広島市の松井一実市長のメッセージが紹介されました。