日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
選挙結果についての日本共産党広島県委員会の見解を紹介します。

総選挙の結果について
 党広島県委員長 村上昭二

一、沖縄を除くすべての小選挙区に候補者を立て、11の比例ブロックすべてで議席獲得、議席増をめざしてたたかいました。
全国は、8議席から法案提案権のある21議席に大躍進し、定数11の中国ブロックは得票率9.19%、8位で広島の大平喜信さんが11年ぶりに議席を獲得しました。広島での衆院議員の誕生は初めてです。
県内では、投票率が50.02%と戦後最低だった前回よりも6.74%下回るもとで、比例107,749票(得票率9.53%)は、今の選挙制度になった1996年以来、00年の111,717票、96年の110,088票に次ぐ高さ、得票率は96年の8.64%を上回り衆院選では最高になりました。
小選挙区132,601(11.84%)票は、前回の89,463票(7.0%)にたいして、全ての選挙区で得票・率とも伸ばしました。
日本共産党の前進のため奮闘された党員、後援会員、支持者のみなさんに心から感謝します。
一、選挙戦では、安倍政権の暴走ストップ、政治の「5つの転換」を訴え、国民の立場に立ってブレることのない日本共産党への支持を呼びかけました。有権者の多くが投票日直前まで模索を続けるなかで、街頭でも、対話でも「今度は日本共産党」と確かな手ごたえが広がりました。
一、与党が引き続き多数を占めるなかで、大平喜信新議員とともに公約実現のたたかいを広げ強く大きな党の建設へ力をつくします。