DL:522.png

(p仁比ガッツ大背景白.png)
1034655バイト

 通常国会は、会期末まで1ケ月となりました。仁比そうへい参議院議員が、今国会の論戦などつうじて明らかになった国政の問題点や日本共産党の奮闘ぶりなどを縦横無尽に熱く語ります。また、9条改憲に執念を燃やす安倍政権を退陣においこみ、市民と野党の共闘で政治を変える展望もお話します。国会のホットな話が聞ける絶好の機会です。

【府中町国政報告会】
〇5月19日(土)午後1時〜午後2時30分
〇府中公民館2F小ホール
〇弁士
 仁比そうへい参議院議員・弁護士
 高見あつみ党県常任委員・参院選挙区候補


...(詳細)

要請書を手渡す大平前議員(左端)と高見候補(その右)、辻県議
 広島県委員会は26日、中国四国防衛局に対し、5月にも実施予定の、米軍岩国基地での陸上空母離着陸訓練(FCLP)をしないことをアメリカ政府に求める要請をしました。
  大平喜信前衆院議員が要請書を手渡しました。高見あつみ参院選挙区候補、辻恒雄県議が同行しました。






...(詳細)

記者会見をおこなう高見氏(右)と村上県委員長
 24日、日本共産党広島県委員会は県庁で記者会見を行い、来年夏に行われる参議院選挙の広島選挙区候補者として、高見あつみ党県常任委員を発表しました。
 高見候補は「安倍政治は民主主義とはほど遠いものだ。政治の私物化を許さず、まっとうな政治を取り戻す。安倍改憲に反対し、憲法9条を守る。核兵器禁止条約が実現した。「核兵器廃絶」は私の原点、実現に力をつくす。「市民と野党の共闘」で政治を変える。被爆地ヒロシマで日本共産党の議席を勝ち取るために全力をつくしたい」と立候補の決意を語りました。
 高見候補は、翌25日夕方、広島市中区八丁堀交差点で早速街頭演説を行いました。高見候補と握手した建設会社役員の男性(69)=広島市東区=は「野党が足並みをそろえるのは、なかなか大変だと思うが、共産党は一番まともなことを言っているので議席を伸ばし、早く安倍政権を倒してほしい」と注文しました。中森たついち党広島市議団長も一緒でした。

高見候補の略歴
●1952年生まれ。愛知県出身。中京高校卒業、広島大学政経学部卒業。●広島修道大学生活協同組合をへて、党広島県委員会に勤務。党広島市西地区委員会委員長などを歴任し、現在、党広島県委員会常任委員。●民主青年同盟広島県委員会副委員長。83年より党職員。96年広島市議補選、99年広島市議選、05年衆院選、16年参院選広島選挙区に党公認で立候補。17年広島県知事選挙(無所属)に立候補。
 

...(詳細)

岡田候補出発式案内ビラ

 15日告示(22日投票)の府中市議選で日本共産党の岡田たかゆき候補(60、新)は、楢崎征途市議からバトンを継いで議席確保をめざします。1日に岡田候補の地元上下町で開いた日本共産党演説会には80人が参加し、仁比そうへい参議院議員が岡田候補の必勝を訴えました。
 仁比議員は、「森友疑惑」と「文書改ざん事件」をめぐる佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問について詳しく報告し、浮き彫りになった重大な矛盾点を指摘し「国民世論と野党の結束したたたかいで安倍政権を総辞職に追い込み、民主主義を取り戻そう」とよびかけました。そして、仁比議員は「地方政治で『住民が主人公』を作っていくのは住民の結束した力だ。教育者と奮闘してきた岡田さんこそ、その推進者になれる」と強調ました。
 岡田候補は、「小学校教員として38年間、子どもたちの成長に寄り添ってきた。今度は市民のみなさんと一緒にまちづくりをしたい」と決意を表明し、公約を訴えました。
 告示日、岡田候補は下記のとおり出発式を行います。



 15日(日)午前9時30分から約30分、



 岡田選挙事務所前(岡田候補に自宅)府中市上下町井永460


...(詳細)

当選を喜ぶ岡田(たすきをした人)、楢ア(その左)両氏と支援者

府中市議選(定数20)が15日告示され、日本共産党は現職の楢ア征途議員(73)と新人の岡田隆行氏(61)が無投票で当選して2議席に倍増し、議案提案権を獲得しました。
 日本共産党は楢ア議員と交代して岡田氏が立候補する方向で準備してきましたが、告示直前になって立候補予定者が定数に達しなかったため、引退を決めていた楢ア議員に急きょ立候補を要請し、楢ア議員が決意しました。
 日本共産党は仁比そうへい参議院議員、大平喜信前衆院議員の応援をえて市内2カ所で演説会を開き、街頭からの訴えを強化。争点、政策を明確にしたビラを5種類5万6千枚配り、後援会員を増やしてきました。

...(詳細)

中石氏

 日本共産党広島市東地区委員会は7日、記者会見し3月9日告示、18日投開票でたたかわれる広島市議安芸区補欠選挙(定数1)に中石ひとし(55)を擁立することを発表しました。略歴を紹介します。

 中石ひとし(新)
 1962年生。広島県立音戸高校卒。広島電鉄勤務。私鉄広電支部役員、日本民主青年同盟広島地区委員長を歴任。広島市議選3回、衆院選に5回立候補。現在、党県委員、広島地区常任委員。
 補選は、自民党の熊本憲三氏が、政務活動費371万円をだまし取った疑いで在宅起訴され、議員を辞職したために行われます。...(詳細)


対談する大平氏(左)と小松氏
大平 問題いっぱいですね。まさに安倍政治の矛盾、噴出ですね。
小松 トランプとの関係にしても、トランプの娘が来たら料亭の玄関までいって、女将がするようなお迎えする。
大平 安倍首相は「国難、国難」って言いましたけど、私はトランプ大統領の暴走と、いよいよそれに付き従い言いなりになる安倍政権の姿勢こそが日本に国難を呼び寄せているんじゃないかと感じます。
小松 呼び寄せているんじゃなくて、国難が洋服着て歩いてるけどね(笑い)
大平 政治を変える展望が見えてきているのも確かです。「市民と野党の共闘」が、全国でも中国地方でも確かな力として広がっています。それをさらに大きく発展させる年にしたいですね。...(詳細)

要請する大平氏(右から3人目)、辻氏(その左)

 米軍岩国基地への艦載機移駐をめぐり、湯崎英彦知事が国の交付金を求めている問題で22日、日本共産党広島県委員会と大平喜信前衆院議員は県庁を訪れ、意向を撤回するように申し入れました。辻恒雄県議、中森辰一広島市議、大畑美紀廿日市市議、美濃孝二北広島町議らが同行しました。
 湯崎知事は16日、広島県も米軍機の飛行訓練を「受忍している」と指摘。在日米軍再編に伴い国の交付金の対象とするよう求めていく考えを示しました。
 大平氏は、知事の交付金を求める意向の撤回を要請し、「移駐も低空飛行もやめてほしいというのが住民の最低限の願いだ」と訴えました。
 応対した県国際課の山本耕史課長は「懸念される被害対策のための財政措置を求めている」「決して低空飛行を容認しているわけではない」と説明しました。
 これまでに「岩国の基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会」、「安保をなくす広島の会」が同様の要請をしています。

...(詳細)