日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
衆議院議員
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
お知らせ       一覧   戻る   
 日本共産党は、5月21日(日)、小池晃書記局長を迎えて「日本共産党街頭演説」を開催します。(日時・場所は別記)
「街頭演説」は、日本と世界が激動する情勢のなかで開催されます。日本では、安倍政権の暴走とモラル崩壊が極限に達しています。世界では、トランプ政権の軍事的覇権主義の危険性が北朝鮮問題にあらわれています。
 
➀「街頭演説」は安倍政権にかわる「日本の新しい時代」をつくる展望を広く明らかにします。
 北朝鮮問題をめぐる情勢のもとで、日本を戦争にまきこみかねない危険な動きをする安倍政権。核兵器禁止条約に背をむける安倍政権。国政のあらゆる分野での暴走、目を覆うばかりのモラル崩壊の安倍政権。この安倍政権に対して、日本共産党は、野党と市民の共闘をさらに発展させて、安倍政権を打倒し、自民党政治を終わらせ、野党連合政権をつくることをめざしています。
 
A「街頭演説」の成功で、総選挙で中国ブロック2議席実現への日本共産党の政治的勢いをつくりだします。
 27回党大会は、次の総選挙ではすべての比例ブロックで議席増をめざすことを決定しました。中国ブロックは、大平よしのぶ衆院議員の議席の確保と垣内京美比例候補の当選をめざします。「街頭演説」成功の活動をつうじてこの目標を実現する党の構えを広く有権者に示します。
 
B「街頭演説」を日本共産党幹部会「訴え」を実践する跳躍台にします。
 党勢拡大と東京都議選勝利の2つの大仕事を提起した幹部会「訴え」の実践は、都議選と総選挙勝利にとって不可欠の課題です。「街頭演説」成功へ、政治的に大きく打って出る活動に取り組みながら、党勢拡大の目標をやり遂げます。
 
「日本共産党街頭演説」
5月21日(日)
●午後1時より、広島市中区本通り電停前
●午後3時より、福山市・福山駅南口
弁士 小池晃書記局長・参院議員、大平よしのぶ衆院議員、垣内京美衆院比例候補、衆院小選挙区候補

 

明日、2月8日の午後3時22分〜52分まで衆議院予算委員会(一般質問・第一委員会室)で質問に立つことが決まりました。

質問のテーマは、「核兵器禁止・廃絶へ 被爆国の責任を果たせ」。昨年の国連総会で、核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議に反対した日本政府の姿勢を厳しく正すとともに、トランプ米大統領の核軍拡路線を、日本政府として批判するよう求めます。

大平喜信衆院議員は、広島県原水協・広島県被団協が毎月6日におこなっている「6・9行動」――核兵器のない世界を実現をめざす宣伝署名行動に参加。
その流れで昼食新年会にも同席をさせていただき大いに交流もしながら、被爆者のみなさん、支援者のみなさんとともに、核兵器禁止条約締結に向けた確かな一歩をふみだそうと誓い合いました。
 

午後は、広島2区、3区で街頭宣伝。
藤本さとし、清水ていこ衆院予定候補とともに「希望をひらく年にしよう」とうったえました。
 

6日最後は広島県労連・ヒロシマ労連の新春旗びらき。労働者が希望をもって働ける雇用環境と日本社会をつくるために、みなさんと力をあわせて、全力でがんばります。

5日、大平喜信衆院議員は、広島7区の街頭宣伝ということで、福山駅前で重村こうじ7区予定候補とともにうったえ。
目の前で大きな声で声援を送ってくださる方がいるなど、多くの反応がありました。


今週、県内すべての選挙区で街頭からうったえようと、今日は広島市、海田町、呉市で、小選挙区予定候補や地方議員のみなさんとともに、街頭にたちました。

若者たちがにぎわう広島市の本通りでは、学費・奨学金問題と雇用問題を、海田町では社会保障改悪は許さないという問題を、呉市では先日観た『この世界の片隅に』のことにも...ふれながら平和の問題をうったえました。


おめでとうございます。
大平喜信衆院議員が初詣客などで賑わう県庁前で、今年初めての街頭宣伝をしました。大平衆院議員は、安倍内閣の暴走政治を厳しく批判し、今年、野党共闘の前進と日本共産党の躍進をめざす決意をのべました。宣伝には党員や後援会員が駆けつけ、横断幕をもち、訴えを聞きました。
大平衆院議員は宣伝に先立ち、原爆碑へ献花をおこない、核兵器廃絶への決意を新たにしました。一連の行動には中森辰一広島市議が同行しました。
大平衆院議員は午後は福山で宣伝をおこないます。

日本共産党の大平よしのぶ衆院議員は25日、広島県府中町と府中市でそれぞれ開かれたつどいで党の政策と改革の展望を語りました。
府中町で大平氏は、核兵器禁止条約について交渉する会議を来年3月に始めるとの国連総会決議が圧倒的多数の賛成で可決されたことを歓迎し、「被爆地と被爆者のたたかいが実を結び、核兵器のない世界への画期的な一歩を踏み出した」と強調。一方、決議に反対した日本政府の態度を「まるで核兵器保有国の追随者だ」と批判しました。
また、臨時国会の憲法審査会で「安倍政権のもとでの改憲を許さない」と4野党が一致して論陣を張ったことを報告し、「共産党の躍進と野党共闘の前進の成果だ」と語りました。
府中市では、市が安倍政権の教育改革を先取りして小中一貫の義務教育学校を開校させる問題について大平氏に質問が相次ぎました。
府中町の女性(57)が「暴走政治にブレーキをかけたい」と入党を決意し、府中市でも60代の男性が入党を決意しました。

日本共産党広島県委員会は25日、広島市中区の本通商店街入り口で総選挙勝利を目指し、宣伝しました。大平よしのぶ衆院議員と1区の大西オサム、2区の藤本さとし、3区の清水てい子、4区の中石ひとし、の各候補が並んで訴えました。
大平氏は、米軍オスプレイ墜落事故からわずか6日後の飛行再開を受け入れた安倍政権を「屈辱なまでの対米従属姿勢だ」と指摘。国民多数の反対を押し切った強行採決を批判し、「平和と暮らしを踏みにじる安倍政権を一日も早く終わらせるため、野党と市民の共同、日本共産党を躍進させてください」と訴えました。
大きく手を振り、最後まで演説を聞く人の姿もありました。

22日、垣内京美衆院中国ブロック比例候補が党県委員会にあいさつに来られました。村上県委員長などが大きな拍手で出迎えました。また垣内候補は女性後援会が行った福屋前での街頭宣伝でマイクを握り訴えました。
熱く訴える垣内候補の姿を見て、大平喜信衆院議員とともに必ず国会への決意を新たにしました。
 

12月21日(水)、午後8時〜8時45分、インターネットでトーク番組があります。
是非ご覧ください。ゲストに吉良よしこ参院議員をむかえます。


次ページ