日本共産党広島県委員会
大平よしのぶ
前衆議院議員
かきうち京美
衆院比例
予定候補
仁比そうへい
参議院議員
  リンク
―――― ――――
広島民報       一覧   戻る   
あいさつする春名氏(演壇)。その右奥は大平氏
 日本共産党広島県委員会は5日、広島市内で第26回党大会第2回県党会議を開き、党勢の倍加と世代的継承に全党をあげてとりくむ総合計画を決定しました。大平喜信衆院議員、春名なおあき参院比例候補があいさつしました。
 春名氏は「大平衆院議員と同じく、36歳で衆院選に初当選した。大平衆院議員、仁比聡平参院議員と私の中四国スリートップで安倍政権をなんとしても退陣に追い込みたい」と決意表明。「私のライフワークは党員を増やすことだ」と述べ、戦争法案阻止と党勢拡大の大運動を成功させようと力を込めて呼びかけました。
 選出された役員は次の通りです。(敬称略)。▽委員長=村上昭二(67)▽副委員長=角谷進(68)▽書記長=小浜一輝(59)▽常任委員=高見篤己(63)、辻恒雄(65)、重村幸司(64)=以上再任=、信野映子(45)=新=。